ノンバンクで借りるメリット・デメリット(不動産担保ローン)

ノンバンクとは、預金業務や為替業務を行わない金融業者のことで、銀行以外はたいていこのノンバンクに当てはまります(※ちなみに、闇金はノンバンクにはカテゴライズしません。ヤミ金はヤミキンです)
法改正が行われてから、グレーゾーン金利というものがなくなり、より消費者の生活に配慮した取り決めが行われました。
このおかげで、以前からきちんと経営していたノンバンクの融資会社も、借り手の一つの選択肢として注目されていると思います。
そこで、ノンバンク系の融資会社からお金を借りるときの、メリット・デメリットを比較したいと思います。
ノンバンクで借りるメリット
大手企業や銀行だとマニュアル対応なところがありますが、中小の融資会社は一人一人きめ細かく対応してくれます。
また現場のスタッフに多くの裁量権があるため、審査を柔軟にスピーディに進められます。
ノンバンクで借りるデメリット
銀行と比べると、やはり最低金利が1%ほど高いことはあると思います。
中堅クラスの不動産担保融資会社は、急に資金が必要になった時や、起業などで実績がない状態で融資して欲しい時に力になってくれます。